iOS15 SafariのURLバーを下から上へ戻す方法

iOS15 SafariのURLバーを下から上へ戻す方法

いっと
いっと

使いにくすぎワロタ

iOSをアップデートして
標準アプリのSafariのURLバーが
下へ移動してしまい、違和感100億%

大丈夫!
元に戻せます。

iOS15へアップデートしたらURLバーが下へ

Safari URLバー下

アップデートして目を疑いました。
iPhone逆さまに持っているんかと
確認したくらいです。

開発者は全ての機能を下に集めて
使いやすいやろ?
っていうことを言いたそうですが

URLバーって使用頻度多いけど
ブラウジングしている間は邪魔だし
上にあることに慣れてしまった人類には
この変更は改悪でしかないですね。

SafariのURLバーを下から上へ戻す方法

朗報!

元に戻せます。

戻す方法は2つあるので、
2つとも載せておきます。

Safari上で元に戻す

SafariのURLバーを下から上へ戻す方法

2タップで完了!

ブラウザ上の左下の

“ぁあ”

をタップしてポチッとすれば一瞬で
元通り!

設定から元に戻す

SafariのURLバーを下から上へ戻す方法

これも2タップですね。

いろんな設定が他もあるので
気になるところは見てみると楽しいですよ!

まとめ

まとめ
  • アドレスバーは上にある方が使いやすい
  • “ぁあ”をタップで簡単に元にもどせる

人間というものは
変化を嫌いますからね
特に日常的に使っているものの
配置が変わってしまうと
違和感と使い勝手の悪さを感じてしまいます。

余計なストレスを感じないためにも
元に戻してしまった方が
いいでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA