水筒のススメ。デスクワーカーは水筒をもて!おすすめはKINTOの水筒

水筒のすすめ

こんにちーーーーは!

いっとでーーーす!

私は普段仕事へ行く際に水筒を持参しております。

水筒を持っていくメリットと、私がおすすめの水筒を紹介したいと思います。

わかること

  • 水筒を持参するメリット
  • KINTOのブランドについて
  • KINTOの水筒について
  • 水筒を選ぶ際のポイント

サラリーマン・デスクワーカー水筒を持つべき理由

私の周りの同僚や、職場の先輩後輩をみていると結構な割合で水筒を持っておりません。

ペットボトル飲料を購入したり、自動販売機のカップコーヒーを買ったりしています。

決してペットボトル飲料などを買うことを否定しているわけではないですってことを先に言っておきますね。

皮算用になりますが、1日150円のペットボトル飲料を毎月20日働くとして計算すると。。

150×20×12=36,000円

いかがでしょうか。

社畜A
社畜A

たいした額じゃないよ〜

社畜B
社畜B

ケチくさいこと言うなよー

言いたいことはわかります。が、あえて言わせていただきます。

本当に飲みたくてその飲み物飲んでますか?

飲みたくて飲んでいるのであれば、私はいいと思います。

ただ、もしなんとなく喉が渇いたからと言う理由で毎日買っているんだったら、ちょっともったいないと思いませんか?

毎月三千円他のことに使えると考えると、大きいと感じませんか?

こんな感じの理由で、私は基本的に会社に出社する際にはペットボトル飲料を買うことはしていないです。

そ・こ・で

マイ水筒ですよ!

水筒の選び方

水筒と一口にいっても、いろんな種類のものが存在しています。

値段もピンからキリまで。

参考になるかわかりませんが、ここでは私が水筒を選ぶ際に重視したポイントを書いていきます。

  • デザインがおしゃれ
  • 保温性がいい。
  • 質量
  • 価格
  • カラーバリエーション
  • 洗いやすさ
  • 部品点数の少なさ

こんな感じ。

KINTOの水筒

KINTO 水筒

選ばれたのは、KINTOの水筒でした。

こちら。

シンプルなフォルム。

シンプルなカラー。

そして値段もお手頃な2860円(税込)

KINTOってどんなブランド?

“ずっと使い続けたくなるものを”

コンセプトは日常生活に溶け込みつつ、気に入って長く使えるものを。

このブランドの商品は、シンプルで飽きのこないデザインが多くたくさんの人に気に入ってもらえるんじゃないかなと思います。

トヨタのカーシェアのキントとは違うよ笑

洗いやすい

部品点数が少なく、構造がシンプル。

故に洗いやすい。

蓋の構造が複雑だと洗いにくく汚れが溜まりやすいですよね。

この水筒簡単にバラせて衛生的。

注ぎ口がすぼんだ形状の洒落た水筒とかもありますが、洗うことを考えるとベーシックなこの形に辿り着きました。

カラーバリエーション

KINTO 水筒

ネットから画像を拝借してきましたが、こんな感じ。

全8色のカラーラインナップ

自分の好きな色をチョイスできます。

私は、素材の色と傷も味として楽しみたいと考えたのでベーシックなシルバーを選びました。

色がついてるタイプは表面に塗装がされているので傷はつきにくいと思いますよ。

保温力はイマイチ

魔法瓶ではないので、冷たいものをいつまでも冷たくとはいきませんね。

氷を入れておけば、半日くらいは冷たいかなーってイメージ。

デスクワーカーであれば、問題ない範囲かと思います。

まとめ

  • なんとなくで毎日ペットボトル飲料を買っている人は、それをやめるだけで、年間36,000円分他に使えるようになる。
  • おすすめの水筒はKINTOの水筒
  • デザイン、値段、洗いやすさが良い点
  • 保温力はイマイチ

他にもいろんな水筒があるので、気に入った水筒を見つけて、毎日会社へ持っていこう!

今日はここまでー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA