バックトゥザ・フューチャー「デロリアン」1500円のガチャガチャやってみた!

「デロリアン」 1500円のガチャガチャやってみた!

私の大好きな映画

それは、バックトゥザフューチャー!

約40年前の1985年に公開された映画ですが
今でも色褪せることのない作品だと思います。

そんな作中に登場する

“タイムマシン”デロリアンの

ガチャガチャが登場したようです!

いっと
いっと

I’ll be back.

いや、それターミネーター

1500円のガチャガチャ

BACK TO THE FUTURE EXCEED MODEL -デロリアン- DX
プレミアムバンダイ

これは非常にリアリティがあり
期待できそうです。

普段、ガチャガチャはやらないんですが
これはどうしても欲しくなってしまいました。

ちなみに私は
3作品で出てくるデロリアンの中で
パート1のデロリアンが
一番好きです。

パート2のデロリアンも
ゴミを燃料にできるというのが
夢があって良いですね〜

ところで

「ガチャポン」

ではなく

「ガシャポン」

なんですか?

細部へのこだわり

BACK TO THE FUTURE EXCEED MODEL -デロリアン- DX
  • LEDヘッドライト
  • 金属光沢のある塗装
  • 車内内部の塗装
  • クリアパーツ
  • リア部分の細部の彩色
  • テールランプの品質

いや、これを見せつけられたら

回したくなるのが

男子でしょ?!

知らんけど。

置いてあるところが少ない

BACK TO THE FUTURE EXCEED MODEL -デロリアン- DX

このガチャガチャがあることを知った私は
近所のガチャガチャを置いてある
お店にいくつか回ってみたのですが

全然ない。

まったくない。

どこに置いてるんやーー!!!!!

ってな具合で
本当に見つからない。

もうなくなったかと思っていたら
たまたま見つけました。

梅田のヨドバシカメラになかったので
本当にどこにも置いてないかと思いました^^;

そもそも
1,500円もするガチャガチャなんて
初めて見ました。

冷静に考えたら
くそ高いよね笑

500円を入れるという
緊張感。

開封!!

すごく大きいです///

BACK TO THE FUTURE EXCEED MODEL -デロリアン- DX

通常のガチャガチャの
ケース(?)と比べると
大きいです。

てか、ケースから若干はみ出してんじゃないの?

ガチャガチャは
規格になっているはずなんで
色々考えた結果
こんな風になったんでしょうね

最近そこ箱すら
製品の一部のものもありますもんね

顔に見える

BACK TO THE FUTURE EXCEED MODEL -デロリアン- DX
BACK TO THE FUTURE EXCEED MODEL -デロリアン- DX

すっげーどうでもいい話ですが

顔に見えませんか(`・ω・´)

なんか強そう

ぱっかーん

BACK TO THE FUTURE EXCEED MODEL -デロリアン- DX

すごい状態で
カプセルの中に入っていました。

3分割なんですね。

まるで、盗難車が
海外にコンテナで輸送される時のような。。笑

組み立て

BACK TO THE FUTURE EXCEED MODEL -デロリアン- DX

これで全部品!

案外簡単なつくりになってるんですね

LEDランプのスイッチ

BACK TO THE FUTURE EXCEED MODEL -デロリアン- DX

車両前側の部品の裏側には
LEDランプのスイッチが!

どうやらボタン電池も交換できるので
光らなくなれば交換して
何度でも光らせて楽しむことができるようです!

BACK TO THE FUTURE EXCEED MODEL -デロリアン- DX

芸が細かいのぉ( ´∀`)

もう少し欲を言うなら
当時のランプ感を出すなら
こんなに真っ白な色ではなく
黄色味がかっていれば
よりリアリティがあったと思います。

ものの3分で完成

BACK TO THE FUTURE EXCEED MODEL -デロリアン- DX

どうですかこのボディー!!(甲高い声

細かいところの
色の塗り分けがすごい(語彙力

BACK TO THE FUTURE EXCEED MODEL -デロリアン- DX

デロリアンといえばこの

ガルウィングのドア!

ここもしっかりと
再現されています。

BACK TO THE FUTURE EXCEED MODEL -デロリアン- DX

特にここ!

タイムマシンっぽい
ガチャガチャした機械類を
うまく再現できていると思います

流石に中は仕方ないか!

ステアリングや
メーター周りは輪郭がある程度

タイムサーキットの形はありますが
時刻は入ってませんね。

BACK TO THE FUTURE EXCEED MODEL -デロリアン- DX

次元転移装置も
特徴的な

“Y”

の形はあるものの
材料の色のままでした。

ここだけでも
少し着色して欲しかった?!

BACK TO THE FUTURE EXCEED MODEL -デロリアン- DX

光らせるとこんな感じ

タイムスリップの瞬間
を彷彿させてくれますね

デロリアン

最後にメインテーマソングを
みなさんで聞いて
終わりにしましょう〜!

たららったらら♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA