バッテリー交換は自分でやると超お得。1万円以上維持費を節約!交換方法と注意点 誰でも簡単5ステップで!

バッテリー交換は自分でやると超お得。1万円以上維持費を節約!交換方法と注意点 誰でも簡単5ステップで!

車を所有している場合、数年に一度バッテリー交換が必要になると思います。
自分で交換すると、すごくお得なので紹介したいと思います。

バッテリー交換は自分でやるべき理由。1万円以上お得に!

バッテリー交換って難しいとか、怖い、ってイメージをお持ちですか?

私も自分でやってみるまでは無理なんじゃないかと思っていました。

実は、やり方さえ間違えなければなにも難しくないんです!

車は人によっては生活に必須なものですが、維持費が高いですよね。
自分でできる簡単なメンテナンスは自分でやれば超お得になりますよ!

いっと
いっと

ちまちま光熱費節約してるなら、必見よ!

バッテリーはネットで買う

カオス 100D23L バッテリー

ディーラーやイエローハット、オートバックスなのでバッテリーを購入すると、結構高いって知ってました?

普通の家電製品などもヤマダ電機やエディオンとかで買うよりも、ネット通販で買う方が安いのは感覚的にご存知と思います。

それが、車用のバッテリーはアマゾンや楽天などの通販サイトで買うと1万円以上お得になります!!

このブログを書いている時点での価格を下表にまとめました。

Amazon楽天イエローハット
品番100D23L100D23L100D23L
価格10,400円12,760円39,450円

1万円どころの騒ぎではございませんでした。

いっと
いっと

3万円くらい違うやないか。。

廃棄バッテリー返送サービス付きのものもある

いっぬ
いっぬ

ネットで買うと安いのはわかった!

けど、古い方のバッテリーの処分ができないよ〜

いっと
いっと

安心してください。

廃棄できますよ!

とにかく明るいいっと((古

ガソリンスタンドへ持ち込むと廃棄してくれるところもあるので、住んでいる地域のガソリンスタンドを調べてみてもおっけー

バッテリーに廃棄バッテリー引き取り券付きのものもあります。

バッテリーの種類を確認

バッテリー種類確認

今回はハイラックスサーフを例に解説していきます。

いま乗られている車のバッテリーの種類を確認しましょう。

画像のように、品番が書いてあります。
バッテリーによって書いてある位置がまちまちですが、大抵上面に記載があるかと思います。

みに行くのめんどくせ〜って人には

このサイトが結構便利です。
車に見に行かなくても検索できます!

バッテリーの表記の見方は、パナソニックの公式サイトがわかりやすかったので下記リンク参照ください。

サイズは確認できましたか?

間違って注文してしまうと、取り付けられないので注意してくださいね!

アマゾンや楽天で品番のバッテリーを探して、ポチりましょう

バッテリー交換に必要な工具

スパナ

これだけ

10mmのスパナです。

稀に12mmのナットを使用している車種もありますので、自分の車のバッテリーのナットサイズがわからない場合は、10mmと12mmがセットになっているスパナを購入するのがおすすめです。

これなんて安くて有名なメーカーのものなのでおすすめ!

ショートさせちゃわないか心配な人はこっち
表面が絶縁コーティングされているので、万が一プラスとマイナスに接触してもショートしないです!

スパナがない方は、モンキーでも可。

安全具として、軍手かゴム手袋も用意しましょう。

保護メガネもあった方が良いでしょう。

注意点

注意事項
  • バッテリーの取り扱いは注意しましょう。
  • バッテリーは水平に保ちましょう。
  • バッテリーは重量物ですので、落下させないように注意してください。
  • ショートさせないように十分注意してください。
  • ODOメーターや、ナビの設定が車種によって初期化される場合があります。

メモリー類を保持するための商品も発売されています。

おすすめはこれ

エーモンのメモリーバックアップを使えば、バッテリーを外してもいろいろ初期化されずに済みます。

バッテリーの交換の取り外し編

取り外しの流れ

  1. エンジンOFF
  2. フード開ける
  3. マイナス端子外す
  4. プラス端子外す
  5. 固定ブラケットを外す

5ステップですね!

詳しく見ていきましょう。

エンジンを切る

エンジンかかったままバッテリーをはずしてはなりません。

エンジンルームに手を入れるので、危険です!

ボンネットフードを開ける

フードオープナー

レバーを引いて、開けましょう。

マイナス端子から外す。

バッテリー外し方

赤いカバーがかかっている方が、プラス端子です。

マイナス側から外しましょう。

画像の赤丸1番から外します。

プラスから外そうとすると危険です。

火花がでたり、感電の恐れがあるので、必ずマイナスから外してください。

プラス端子を外す

バッテリー外し方

赤いカバーを外して、ナットを緩めましょう。

オレンジ2番のカバーを外して、マイナス端子と同じ要領で外します。

バッテリー本体を車両から下ろす

バッテリー外し方

すっからかーん。

重量物ですので、手を滑らせて落とさないように慎重に下ろしましょう。

こんな感じで簡単に取り外すことができます!

バッテリー交換取り付け編

取り付けの流れ

  1. バッテリーを固定
  2. プラス端子を接続
  3. マイナス端子を接続
  4. ウィンドの設定をする。

新しいバッテリーを載せる

新しいバッテリー

綺麗な新しいバッテリーを搭載。

これは、パナソニックのカオスというバッテリーです。

オーディオの音質がよくなるとかならないとか。気休めですかね笑

今買うならこっちですかね

外した逆の順で、取り付けていく

バッテリー取り付け

下記順序で組み付けましょう。

  • 固定ブラケット→プラス端子→マイナス端子

順番は間違わないように注意してくださいね。

フードを閉めてエンジン始動

問題なく取り付けが完了したらば、エンジンがかかるか確認しましょう。

普通にかかると思います。

ウィンドをリセット

ウィンド リセット

バッテリーを外すと、ウィンドのAUTOが使用できなくなります。

上に一番引くと勝手に閉まり、下げると自動で開く機能です。

リセットの仕方は簡単で、エンジンがかかった状態で閉まる側に5秒ほど引き続けてください。

これでリセット完了です。

ウィンド リセット

4つの窓にすべてAUTO機能が付いている場合、全てのドアでこの作業を行ってください。

ECUにマックス閉まっている状態を教えてあげる作業なんだとか?

車種によっては、やり方が違う場合があります。
ディーラーへウィンドのリセットのやり方を教えて欲しい旨を伝えれば、電話で教えてくれるので違ったら確認してみてください。

所要時間

数年に1回やる作業で慣れるようなものではありませんが、1時間もあればできてしまうと思います。

やり方さえわかってしまえば大した作業ではないのですぐにできるようになります!

まとめ

  • 自分で交換するだけで3万円近く節約になる。
  • 10mmのスパナが必要
  • 外す順番は、”-“→”+”
  • 付ける順番は”+”→”-“
  • 所要時間は1時間程度

これをみて、バッテリー交換に挑戦してくれると嬉しいです。

以上、参考になれば他の記事も見ていってねー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA