タイヤがパンク!パンク時の対処方法を解説。修理費は?

タイヤがパンク!パンク時の対処方法を解説。修理費は?

先日、突然タイヤがパンクしてしまいました!

気付くのが遅く、しばらくタイヤがに空気がほぼ0の状態で走ってしまったので、タイヤの修理もできず新品のタイヤを買うことになってしまいました。

さて、そんな厄介なタイヤトラブルですが、タイヤがパンクしたときに取るべき行動をまとめておきます。

タイヤがパンク!対処方法。

パンクしてしまった!

経験したくないですが、万が一パンクしてしまった時のために対処法を頭に入れておきましょう!

こんな人におすすめ
  • タイヤがパンクした時にどうすればいいかわからない人
  • パンクした時にすぐしたいこと
  • パンク修理キットの使用上の注意

パンクに気がついたら

私たちが普段使用している自動車のタイヤはチューブレスタイヤといって、よくある自転車のようなタイヤの中にチューブがあるタイプのタイヤではありません。

チューブレスタイヤの性質上、パンクするとゆっくり空気が抜けるのでパンクしてもすぐに気がつけないことが多いです。

まずは停車を

走行中に違和感を感じたら、安全な場所に停車しましょう。

万が一パンクしていて走り続けると、最悪の場合タイヤがバーストして思わぬ事故につながる可能性があります。

走行中こんな症状があったらパンクしてるかも
  • 車が傾いてる気がする
  • ハンドル操作がいつもと違う
  • タイヤ付近からいつもと違う音がする
  • アクセルをいつもより踏まないと加速しない

パンク箇所を確認

周囲の安全が確認できたら、パンクしている場所と状態を確認しましょう。

確認事項
  • 空気は入っているか。(ぺしゃんこになってないか)
  • タイヤの側面に亀裂等ないか
  • タイヤの接地面(トレッド部)に釘などが刺さっていないか

タイヤのトレッド部に釘が刺さっているとなかなか探すのが大変ですが、なぜパンクしているかは突き詰めた方が無難です。

状況に応じて対処が変わるので、確認しておきましょう。

何かが刺さっていても抜かない

何かが刺さっている場合は抜かないようにしてください。
明らかにそこから空気が漏れているのがわかる時以外はそのままにしておきましょう。
抜いてしまうと、一気にそこからエアーが漏れてしまいます。

気持ちはわかります。抜きたくなってしまいますよね

応急処置

タイヤのパンク状況に応じて対応が変わります。

  • スペアタイヤと交換する。
  • パンク修理キットを使用する
  • 最寄りの整備工場へ持ち込んで修理依頼する
  • JAFを呼ぶ

それぞれメリット・デメリットがあります。

それぞれ見ていきましょう!

スペアタイヤに交換

こんな状況であれば、交換してしまいましょう。

スペアタイヤに交換する必要がある場合
  • タイヤの空気が明らかにない。
  • タイヤの側面が損傷している。

車種によって、スペアタイヤ非装着の場合があります。

メリット

スペアタイヤに交換するメリットはこんな感じです。

  • ひとまずパンクを心配せずドライブを続行できる
  • タイヤの損傷度合いに関わらず対応できる。
  • JAFを呼ぶ必要がないので、痛い出費を避けられる。

デメリット

デメリットも紹介

  • 車種によっては応急タイヤがないので、交換できない。
  • 交換の際に汚れる。
  • 応急タイヤにはスピードの出せる上限がある。
  • 1本以上パンクしてしまった場合対応できない。
  • 交換に慣れていないと時間がかかる。

タイヤ交換は少々力は必要ですが、やろうと思えば難しいことではありません。
30分程度あれば交換できるかと思います。
パンクしている時にチャレンジってなると、気が重いのでできるのであれば、事前に練習しておきましょう。

注意点

スペアタイヤに交換するしかない状況になってしまった場合、決して走行しないでください。
重大な死亡事故につながるおそれもあります。

周囲の安全を確認できる場所で作業しましょう。

応急タイヤには制限があります。交換した際は速やかに標準タイヤを修理して交換してください。

応急タイヤ(テンパータイヤ)の制限
  • 最高速度80km/h
  • 走行距離は100km以内

パンク修理キット

パンク修理キット

パンク修理キットはなるべく使用しない方が無難です。

パンク修理キットを使用する必要がある場合
  • 応急タイヤ非搭載車。
  • 近くに修理工場がない。
  • JAFを呼ばずに解決したい。

パンク修理キットを使うデメリットはこちらで解説しています。

メリット

メリットはありません!と、言いたいところですが、一応買いておきますね

  • タイヤ交換に比べると汚れづらい
  • 説明通りにやれば簡単
  • 車重が軽くなって燃費向上
  • タイヤがなくなる分トランクスペースがアップ

テンパータイヤがなくなることで、得られるメリットもありました。笑

デメリット

簡単で、汚れなくて、燃費もよくなるならいいことばっかじゃん!

と思いがちなパンク修理キットですが、デメリットもあるのでしっかり考えて使いましょう。

  • 全てのパンクを修理できない。
  • 使用した場合後処理が大変。
  • パンクしたタイヤを修理できない。
  • 使用期限がある。

パンク修理キットでは修理できないパンクもあります。

せっかく使ったのに直らなかった!なんてことにならないように気をつけましょう。

また、パンク修理キットを使用すると、タイヤは新品へ交換する必要があります。
ホイールも掃除が必要になり、高額な修理費になってしまう場合もありますので、注意しましょう。

と、こんな感じで、あまりパンク修理キットを使うのはおすすめできない状況です。

整備工場で修理

パンクはしているが、自走可能な程度のパンクであれば、整備工場へ持っていきましょう。

メリット

  • パンク修理をしてもらえる。
  • 修理できない状態でも、すぐに新しいタイヤを手配してもらえる。
  • 待っているだけで直してもらえる。

修理工場なんて大袈裟なところでなくても、イエローハットやオートバックスのカー用品を扱っているお店へ持っていければ簡単に安く直してもらえます。

だいたい相場は1,500円〜3,000円程度です。

デメリット

デメリットはないです。

自走できれば、速やかに修理工場へ持っていきましょう。

少しでも不安な場合は走行せず、スペアタイヤに交換するか、別の方法をとりましょう。

JAFを呼ぶ

道路でのトラブルの見方!JAF!

自分でやるのは面倒だ!そんな人は電話一本♪

メリット

会員の人は利用検討の価値あり!

  • どんな場所でも24時間電話でかけつけてくれる。
  • タイヤ交換できなくても、作業員が対応してくれる。
  • 高速道路でも安心。
  • 会員ならスペアタイヤ交換無料

会員になっていたことを忘れてるなんてこともあるので、自分がJAF会員になってないかチェックしておいてください。

デメリット

  • 会員でない場合は、スペアタイヤ交換費13,330円
  • 場所によってはすぐに駆けつけてもらえない。

お金を払えば全て解決します。笑

時間に余裕があって、お金がに余裕があればなにも考えずにJAFを呼んでしまってもいいかと思います。

まとめ

パンク修理まとめ
  • 自走不可ならテンパータイヤに交換
  • できるだけパンク修理キットは使わない
  • 近くに修理工場があれば、速やかに持ち込む
  • 自分でなにもしたくない人はJAF

滅多にパンクすることはありませんが、もしものとき焦らず行動できるようにしておけるといいですね。

これを読んでくれたみなさんは今後予期せぬパンクに焦らず対応できます!

参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA